Skip to main content

カリフォルニア・アーモンド協会の活動

カリフォルニア・アーモンド協会は、カリフォルニア・アーモンドに関するマーケティング活動、資金提供、健康上のメリットに関する研究への投資・促進、持続可能な栽培と食品安全性の確保を通じて、国内外に向けてカリフォルニア・アーモンドの推進に取り組んでいます。

ビジョン

カリフォルニア・アーモンドは、品種や栽培技術の改良のもと生産されています。

 

ミッション

カリフォルニア・アーモンド協会は、戦略的市場開発におけるリーダーシップ、革新的な研究、業界ベストプラクティスの導入を促進することにより、カリフォルニア・アーモンドの世界的な消費を拡大します。

研究と革新

カリフォルニア・アーモンド協会は、大学および研究室と連携して、カリフォルニア・アーモンドに関する貴重なデータ・資料を作成します。ウェブサイトの「研究と革新」から最新の研究をご覧いただけます。また、研究データベースから、カリフォルニア・アーモンド協会が投資している研究情報をご覧いただけます。

almond hull

カリフォルニア・アーモンド協会の歴史

カリフォルニア・アーモンド協会は、1950年に設立されました。当時のカリフォルニア・アーモンド協会(旧協会名:Almond Control Board)は、連邦レベルでのマーケティング・オーダーの一環として開設され、主にコンプライアンス上の問題に取り組んでいました。1970年代には、市場開発に対処する必要性が認識され、カリフォルニア・アーモンド協会(Almond Board of California)に名称が変更されました。コンプライアンスは、依然として当協会の活動の重要な部分を占めますが、現在では、生産、栄養、市場調査、国内外のプロモーション活動、品質管理、統計分析などにも携わっています。連邦レベルでのマーケティング・オーダーであることから、カリフォルニア・アーモンド協会は、農地やアーモンドの市場価格の設定には関与しておらず、またこれらの行為は禁止されています。

役員会

カリフォルニア・アーモンド協会の役員会は、10人のメンバーで構成されています。7,600以上のアーモンド生産者および99のアーモンド加工業者が、カリフォルニア州全体で開催される年次選挙により、5人の生産者と5人の加工業者を選出します。その後、役員会が会長と副会長を選出します。役員会メンバーは会長に対して、常設委員会に各メンバーを選任できる権限を付与します。役員会および委員会のメンバーは、報酬なしに会務を執行します。農務省長官の承認を得るため、方針、予算、プログラムの策定を責任を持って実施し、プログラムの結果や効果を見直すといった事業を行っています。また、カリフォルニア・アーモンド協会は、カリフォルニア州で栽培された出荷可能なアーモンドの重量を毎年審査することにより、資金を受けています。

カリフォルニア・アーモンド協会は、カリフォルニア・アーモンド産業の多様な構成を認識するとともに、その生産者や取扱業者からの貢献を重視しています。また、プログラムおよび方針が排他的ではなく包含的であり、人種、肌の色、国籍、性別、宗教、年齢、身体的障害、政治理念、性的指向、婚姻または家族の状況に基づく差別がないことへの徹底に努めています。さらに、多様性の概念を受け入れ、採用し、社会を人々の混合として捉え、それぞれが異なる文化的背景を持ち、それぞれに独自の視点とプロセスに貢献する能力のあることを認めます。

アーモンドボードで働く主要なスタッフに会います

委員会

カリフォルニア・アーモンド協会の活動を促進するために、150人を超える現役のアーモンド業界のメンバーが、同協会が指定する委員会、小委員会、ワーキンググループに自発的に参加しています。カリフォルニアのアーモンド産業に携わることは、アーモンドをカリフォルニアの重要な作物として維持し、世界中の消費者から必要とされるために欠かせない取り組みです。当協会は、常に新しいボランティアを求めており、年間を通じて申請を受け付けています。各委員会は8月に開催されます