Skip to main content
持続可能性とコミュニティ

持続可能な栽培

カリフォルニアのアーモンド農家は、カリフォルニア・アーモンド協会の研究およびプログラム支援のもと、水の使用の削減や、廃棄物ゼロへの取り組み、ミツバチの支援を行い、経済を発展させています。当協会の2025年に向けた目標は、アーモンド・コミュニティが、すべての人にとって持続可能な将来となるよう努力し続けることを定めたものです。

賢い水の利用

少ない水でより多くの収穫

この20年の間に、カリフォルニアのアーモンド農家は、1ポンドのアーモンドを栽培するために使用する水の量を33%削減し1、2025年までに、さらに20%削減します。

ミツバチの健康

互いにメリットのある関係

ミツバチは、アーモンドの受粉に不可欠な存在です。アーモンドは、ミツバチにとって栄養価の高い花粉2を提供します。また、カリフォルニア・アーモンド協会は、ミツバチの健康を支える研究を行います。ミツバチとアーモンドは、有益な関係を築いています。

廃棄物ゼロ

農園で育てる産物のすべてを活用

アーモンド農園では、私たちが口にする栄養価の高いアーモンドだけでなく3、木、果皮、殻などの副産物が生じます。これらは、環境フットプリントの削減と付加価値の提供に焦点を絞り、有効活用されます。

研究とイノベーション

持続可能な成長を促進

1973年以降、カリフォルニアのアーモンド・コミュニティはカリフォルニア・アーモンド協会を通じて研究費用に8,900万ドルを投じており、栽培の方法と食品安全の改善、環境への影響の低減、そしてアーモンドの健康効果に関する知識の形成を支援しています。

家族経営の農園

将来に向けた農業

カリフォルニア州の約7,600ものアーモンド農家の90%以上は、家族経営の農家です4。多くはその土地に住み、子供や孫に引き継ぐことを考えている3代目・4代目農家によって所有・運営されています。

農園を超えて

理想的な環境を、さらに改善

カリフォルニアは、理想的な気候とイノベーションの文化により、世界の中でもアーモンド栽培に最適な地域の一つです。さらに、アーモンドの木は、温室効果ガスを捉えて蓄えながら、酸素を放出して空気を浄化します。

経済的な影響

カリフォルニアのための価値創出

世界に供給されるアーモンドの80%を生産するカリフォルニアのアーモンド・コミュニティは5、州全域で約11万人分の雇用を支援し、州の経済に92億ドルもの利益をもたらしています。6

アーモンドのライフサイクル
農園から食卓へ

理想的な地中海性気候のもとで育つカリフォルニアのアーモンド。一年を通したライフサイクルには様々なステージがあります。開花から食卓に届くまで、アーモンドの様々な魅力をお楽しみください。

持続可能性に関する目標
2025年に向けたアーモンド農園の目標

さらに安全で健全、かつ優れた方法でアーモンドを栽培することで、コミュニティと環境の保護に取り組んでいます。

1. University of California, 2010. Food and Agriculture Organization of the United Nations, 2012. Almond Board of California, 1990-94, 2000-14.

2. Ramesh Sagili. Department of Horticulture, Oregon State University.

3. アーモンドと心臓の健康に関する朗報アーモンドを含む多くのナッツを、低飽和脂肪酸・低コレステロールの食習慣の一部として1.5オンス摂取することにより、心臓疾患のリスクが低くなることが科学的証拠により示唆されています(証明するものではありません)。アーモンド1日分(約23粒)には、13gの不飽和脂肪酸が含まれています。飽和脂肪酸は、わずか1gです。

4. 米国農務省2012 Census of Agriculture.

5. Almond Board of California, Almond Board of Australia and International Nut and Dried Fruit Council.

6. University of California Agricultural Issues Center. The Economic Impacts of the California Almond Industry. December 2014.