Skip to main content

アーモンドの品質および食品の安全性

カリフォルニア・アーモンド協会の「Food Quality and Safety Program」は、当協会の製品が世界中の消費者から最大の信頼を得ることを目指し、アーモンド農家から、取扱業者、加工、パッケージング、販売に至るまで、サプライチェーン全体を通してアーモンドが安全かつ責任ある方法で生産されるよう、進化し続けています。

食品の安全性

カリフォルニアのアーモンド業界は、世界中に健康的で、安全な食品を十分に供給するために最善を尽くしています。

カリフォルニア・アーモンドの特徴

カリフォルニアでは、30品種を超えるアーモンドが生産されていますが、95%以上の製品が11の主要品種から作られています。

水分移動および管理

アーモンドは、初期含水量と周辺環境との相対湿度(rH)に応じて水分を取得または放出する場合があります。水分移動管理および賞味期限維持の方法をご覧ください。

加工による影響

アーモンドの加工は、アーモンドに加えられる変化の中でも、サイズと賞味期限の両方に影響を及ぼします。

脂質酸化と油分移動

脂質酸化とは、脂質と油分の分解を引き起こす望ましくない反応の複雑な連鎖です。

貯蔵性と賞味期限

アーモンドの賞味期限、パッケージング、保存条件、取扱業務に関連するベストプラクティスです。