Skip to main content
農園を超えて

理想的な場所

カリフォルニアは、アーモンド栽培に必要な地中海性気候を持つ数少ない場所の一つです。他には地中海周辺、オーストラリア、南アフリカ、チリなどの気候が適しています。

この理想的な気候が、カリフォルニア州が世界のアーモンド供給量の80%以上1 を生産している主な理由です。また、カリフォルニアには、豊かな土壌、自然資源とインフラ、革新的な研究と技術というユニークな特徴があります。労働者、食品安全、環境を守るための連邦規制を遵守するだけでなく、カリフォルニアの農家は、さらに人々や地球を守るために州が策定した厳しい基準に従う義務を負っています。

これらが一体となって、カリフォルニアを世界最大のアーモンド生産地にしています。カリフォルニア州では、400種類の作物が栽培され、米国内の果物、ナッツ、野菜の50%以上を生産しています。

カリフォルニア: アーモンド栽培に理想的な場所

栄養と環境を育てる

1エーカーの土地に育つアーモンドの木から、約200㎏のタンパク質、約120㎏の食物繊維、そしてアーモンド愛好家にエネルギーと満足感を与える「優良」な一価不飽和脂肪酸が得られます。2,3 優れた健康上の恩恵に加え、アーモンド農園は環境にも大きく貢献しています。

アーモンドの木は、強力な温室効果ガスである二酸化炭素をとらえて吸収することによって、大気の質を守ります。3 また酸素を放出し、空気から汚染物質を洗浄して測定可能な健康上の恩恵をもたらす天然フィルターとしても作用します。全国平均で、1エーカーあたりの木々は年間医療コストの11ドル分を削減しています。4

それだけでなく、アーモンドの木は副産物も生み出しています。果皮や殻、木材は、廃棄物ゼロに貢献しながら食品、医薬、自動車などの分野におけるニーズに応えて、カリフォルニアのアーモンド・コミュニティと地域の環境に価値をもたらしています。

PDF
持続可能性の追求
PDF
世界の地中海性気候
PDF
カリフォルニアを活性化させるアーモンド

1. Almond Board of California, Almond Board of Australia and INC.

2. USDA-ARS, NDL. USDA National Nutrient Database for Standard Reference, Release 28. Version Current: September 2015, slightly revised May 2016.

3. Alissa Kendall, et al. Life Cycle–Based Assessment of Energy Use and Greenhouse Gas Emissions in Almond Production. Part 1: Analytical Framework and Baseline Results. Journal of Industrial Ecology. 2015.

4. David J. Nowak、 et al. “Tree and Forest Effects on Air Quality and Human Health in the United States.” Environmental Pollution. 193: 119–129. May 2014.