Skip to main content
ミツバチの健康

お互いに有益な関係

アーモンドはミツバチに、そしてミツバチはアーモンドに依存しています。ミツバチとアーモンドのつながりはとても重要で、アーモンド生産者と養蜂家の関係も何年も何世代にもわたって続いています。

毎年2月と3月に、アーモンドの木はつぼみが開き、美しい淡いピンクと白の花が一斉に咲き、授粉を待ちます。花が咲くと、ミツバチは農園の中で花粉と花蜜を探し回ります。ミツバチは、木から木へ移動するときにアーモンドの花に授粉します。そして、授粉された花がアーモンドへと成長します。養蜂家は、アーモンドの授粉が終わるとミツバチを米国内の別の場所へ運び、90以上の作物に授粉させ、ハチミツを作ります。

ミツバチとアーモンド

受粉のパートナー

アーモンドの授粉にミツバチは不可欠ですが、ミツバチもアーモンドから恩恵を受けています。アーモンド農園は、ミツバチの巣を強くする上で役立っています。アーモンド農園は、ミツバチにその春一番の天然の食料源を提供するからです。アーモンドが私たちにとって栄養豊富なスナックであるのと同様に、アーモンドの花粉はミツバチが必要とする10の必須アミノ酸をすべて与えてくれ、ミツバチにとっても栄養たっぷりの食べ物です。養蜂家がアーモンドの開花期に農園を訪れるたび、ミツバチの巣は強くなります。養蜂家は沢山の巣を分けて、養蜂場を増やすことができます。

Honey bee health by the numbers

健康への取り組み

ミツバチの健康悪化が広範に報告され懸念となっています。その要因には、養蜂や作物の生産活動も含まれますが、その結果、安定した栄養源として私たちが頼っている食べ物の多くが危機にさらされています。過去20年間、米国にあるミツバチの巣箱の総数は安定して いますが、2 健康で安定した巣箱を維持するのは養蜂家にとって大きな課題です。そのような理由から、カリフォルニア・アーモンド協会は、ミツバチの健康を増進する目的で、養蜂家の良きパートナーとなるための大きな一歩を踏み出しました。その一環としてアーモンド・コミュニティは、5ポイントの授粉媒介者保護プランを立ち上げました。当協会は、ミツバチの健康に関する研究に対し、他の作物グループよりも多く出資しており、3 1995年以来、125件の研究プロジェクトを実施しています。

アーモンド・コミュニティは、大学、政府機関、非営利団体と協力して行っている研究に出資しており、カリフォルニア・アーモンドに対するミツバチ・ベスト・マネージメント・プラクティス(BMP)に関する情報を提供しています。授粉作業に携わるすべての人へのガイドラインとして、ミツバチBMPは、農園をミツバチにとって安全で快適な場所にする方法から、ミツバチに危害を加えずに害虫や病気に対処する方法まで、様々な助言を提供しています。

「カリフォルニア・アーモンド協会のミツバチとその健康に関する提言は、アーモンド農園についての考察をはるかに超えたもので、すべての作物に関して重要な知識を提供しています。」
エリック・マッセン(Eric Mussen)博士(UC Davis Extension Apiculturist Emeritus)

農園でのパートナーシップ

カリフォルニア・アーモンド協会は、Project Apis m.授粉媒介者パートナーシップなどと連携し、アーモンドの開花前後のミツバチの食糧供給源として、花を咲かせる植物を植えたりなど、ミツバチが餌を得られる場所をアーモンド栽培地の近くに用意することを、アーモンド生産者に奨励しています。そうすることで、ミツバチに追加の栄養を与えるだけでなく、土壌の健全性や水の浸透などの改善にもつながります。

2013年以来、アーモンド農家は、Project Apis m.「ミツバチのための種まき」プログラムを通じて、34,000エーカー以上のミツバチ放牧地を広げてきました。これは、ミツバチや野生のハチが好む花をつける植物で満たしたフットボール競技場25,000個の広さに匹敵します。4

ミツバチ放牧地で今起きていること

PDF
ミツバチの健康を守る
PDF
スポットライト: ミツバチの健康
PDF
ミツバチの放牧地

1. amesh Sagili, Oregon State University, Department of Horticulture.

2. USDA-NASS. Honey Bee Production Report. 1987–2018.

3. Gene Brandi. Vice President, American Beekeeping Federation.

4. Billy Synk. Director of Pollination Services. Project Apis m. Nov. 2019. 2013年からの植林合計を表す。