Skip to main content

病原体環境モニタリング(PEM)

生産・取扱い時の病原体汚染のリスクを低減

アーモンド業界にとって最大の懸念事項の一つは病原体汚染のリスクです。特にサルモネラ菌については、生産および取扱いにおける全ステージで発生する可能性があります。アーモンドの生産環境における製品汚染のリスクを減らすための効果的な方法は、病原体環境モニタリング(PEM)プログラムを実施することです。潜在的な懸念領域を探し出して是正するために設計されたプログラムです。

カリフォルニア・アーモンド協会は、このようなプログラムを計画し、実施するためのツールと手順をまとめたPEMマニュアルを制作しています。

HACCPにおける7原則の第一は、「安全な製品を生産するためには、合理的に発生する可能性が高く、食品安全上の危害を評価するために管理すべきである危害の分析を実施しなければならない」と述べています。サルモネラ菌に食品安全上の危害があることは歴史的に証明されているため、アーモンド生産施設のHACCPプランでは、そのリスクを特定し、評価するとともに、その制御と軽減に努めることが非常に重要です。

PEMプログラムを実施するための資料は、PEM Go-toガイド とPEM DVDを含みます。

 

 

追加リソース:

PDF
『PEMマニュアル(英語)』

PDF
『PEMマニュアル(スペイン語)』

PDF
『Go-toガイド(英語)』

PDF
『Go-toガイド(スペイン語)』