Skip to main content

2025年に向けた目標継続的な改善を公約

『2025年に向けたアーモンド農園の目標』は、カリフォルニアのアーモンド・コミュニティが継続的な改善を公約する最新の取り組みです。

継続的な改善への取り組み| 2025年に向けた目標

意欲を持って、目標の達成に取り組む

カリフォルニアのアーモンド・コミュニティは、人々に愛される健康的な食品を栽培するだけではありません。安全で健全、かつ優れた方法でアーモンドを栽培し、地域社会と環境を守るために活動しています。

『2025年に向けたアーモンド農園の目標』は、これまでの数十年にわたる実績に基づき定められ、継続的な改善に取り組むアーモン・ドコミュニティの具体的な決意を表明するものです。

2019年12月に発表された『2025年に向けたアーモンド農園の目標ロードマップ』は、各目標分野におけるアーモンド・コミュニティの継続的な改善への道のりと、達成度を測る基準に関する概要をまとめています。

PDF
Almond Orchard 2025 Goals Roadmap

2025 goals - zero waste農園での廃棄物ゼロを実現

アーモンドの粒は、木に実り、果皮に保護されながら殻の中で成長します。従来から、家畜用敷料、酪農飼料、発電に使用されています。これらの副産物の市場の変化[JN1]1 に伴い、アーモンド・コミュニティは、より高価値で持続可能な用途におけるイノベーションを加速させています。カリフォルニアのアーモンド・コミュニティは、農園で栽培する全産物を最適に利用することで、2025年までに廃棄物ゼロを達成します

 
2025 goals - water usageアーモンド栽培に使用する水のさらなる削減

過去20年間で、カリフォルニアのアーモンド農家は、生産方法の改善や効率的なマイクロ灌漑技術の採用を通して、1ポンドのアーモンドを栽培するために必要な水の量[JN2]を33%削減することに成功しています。カリフォルアーモンド・コミュニティは、2025年までにアーモンド1ポンドのアーモンドの栽培に使用する水の量をさらに20%削減します。  

 

2025 goals - pest management環境に配慮した病害虫管理方法の採用を増加

責任あるアーモンド栽培においては、総合的病害虫管理(IPM)を通じて、作物と樹木を害虫、雑草、病気から守ることが求められています。これは、益虫の保護、病害虫の温床の除去、交尾阻害、害虫レベルの監視を含む方法および技術を活用して、必要な場合にのみ農薬が使用されるようにすることを意味します。私たちの農園、従業員、地域社会をさらに保護するため、2025年までに環境に優しい病害虫管理方法の採用を25%増加します

 

2025 goals - harvest dustアーモンド収穫時における地域の大気環境を改善

カリフォルニアのアーモンドは、アーモンドを地面に揺り落とし、皮や殻で保護しながら自然乾燥させた後、掻き集めて収穫します。このため、近隣地域に粉じんが飛散することがありますこの問題に対処するため、アーモンド・コミュニティでは、収穫方法を見直すための短期的および長期的な措置を講じており、2025年までに収穫時の粉じんを50%削減します

 

1. University of California, 2010. Food and Agriculture Organization of the United Nations, 2012. Almond Board of California, 1990-94, 2000-14.